店舗の賃貸借契約書に「造作譲渡禁止」や「原状回復(スケルトン)義務」の条項がありますが、造作の売却は可能でしょうか。

一般的な賃貸借契約書には、ほぼ「造作譲渡禁止」「スケルトンに原状回復をした後の明け渡し」が条項として記載されています。
店舗流通ネットにお任せいただければ、大家様に状況を説明を行い、居抜きの造作譲渡を認めていただくケースが大半です。
店舗流通ネットが状況に合わせて交渉を行いますので、まずはご相談ください。